タプタプ安西先生

『タプタプ安西先生』

11月3日の文化の日の正午を自由創造人のSHOW GO!がお報せします。

文化の日が来るたびに、「継続の力」を思い出します。

かなり私的ですが。

25年ほど前、私が幼少の頃に父親が「何か気づかへんか?」 と私と母に問いかけました。

散髪したのかな?

洋服を変えたのかな?

何も気づかなかったのですが、

「禁煙したんやわ」

え??

あ、、そういえばそうだな。。。

「いつから?」

1年前。 文化の日に意味がないと思って。 丁度1年前に」

とニコニコしながら言いました。 ☺️

いろいろすごいなと。。。。

まず1年もそのことに気づかないという我々も我々ですがw。。。

難しいと言われている「禁煙」を1年も誰にも実行していることすら言わない「無言実行」「継続の力」を持っている父親。

私も13年ほど喫煙していたのですが、ある時に「こんな小さなものに精神支配されているなんて・・」と思ってしまったんですね。

そう思ってしまったら、何があろうと煙草を日常的に喫うということは、自分に負けるということではないですか。

ビジネスでもスポーツでも勉強でも何でも一緒かと思います。

昨日に引き続きですが、皆様、ちょっとした障害で心折れすぎです。

やるならやる、とコミットメントすることによってしか実現しないものなんです。

うちの父親は、それを通り越して、無言で実行するという離れ業をやり遂げました。

継続で思い出したのですが、

またうちの父親の話ですが、

父は7歳からヴァイオリンを1日も休むことなく、練習しています。

そのおかげで私もここまで成長したのですが、父が60歳くらいの時でしょうか、、、50年以上続けているヴァイオリンのビブラートだけを練習している時に、叫びましたw

「わかった!!」

それだけでも凄いのですが、もっと凄いのが。。。

その2日後にまた、「わかった!!」 「おとといにわかったって言ってたやん?」 「違うねん、もひとつ、乗り越えてん」  と言っていたことです。

五十余年を超えて、やっとわかることでも凄いのに、その向こう側を探求し続けるからこそ得られる感覚なのでしょう。

あなたは今まで、何かを成し遂げたことがありますか?

またいろいろな言い訳をつけて、自己正当化して、諦めますか?

言い訳はいつでも正しいです。

諦めたらそこで試合終了ですよ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-12-12-14

名言をTTPしましたが、本当にそうなので使わせてもらいます。

ありがとうございます安西先生。