ややこしい思考

自由創造人のSHOW GO! です。 

さて、

サイコロの目が出たところは、

 

 

 

 

 

です。 

長野は凛とした空気が素晴らしい白馬五竜におります。 

この凛としたという空気がものすごく好きで、息子を生まれた時から連れて来たかった。。。。

 

自慢じゃなく事実をお伝えすると、私も奥様も運動神経だけで生きているような猿なので、息子は運動神経のええとこの塊です。

 

 

すぐに滑られるようになるんだろうなぁと思って、ボードのつけ方もわからないまま、リフトに乗せてやりました。

 

 

普段からできないって言わせてないので、

息子「滑れるようになるよ。 そんな気がする」 

 

ってわけのわからない自信をリフトの上でアウトプットさせてました。

 

 

すると、、、

 

 

人生初っ端のシュプールが、膝バリバリ曲げての腰を落としての重心しっかり真ん中の超綺麗なライディングでした。

 

 

息子が先に行ってしまったので、慌てて追いかけて話しかけると、

 

 

「トト(父、私のこと) スノボの天才じゃん!!」

 

 

いや、お前やろ!  

 

 

午前中だけでも一発スクールに入れたら、まぁ、いきなり中級者くらいにはなるのでは。 

 

 

末恐ろしいガキンチョです。  

 

我が息子ながら。 

 

 

とまぁ、楽しく過ごしております。

 

 

サイコロの目から地元に帰るという選択肢がなくなりそうですw

 

 

30日に帰るわ~」

と高校時代に毎日会っていた連中にLINEしたら、

 

 

31日まで仕事やわ~」  

「俺も無理や~」

 

とのこと。

 

 

そうか、、そうか、、

 

 

 

じゃ2日は~?  

としたら、既読スルーw

 

 

おーい  と返信したら、

 

 

「みんな大人だ笑」 

 

と一人だけ謎の返信。 

 

 

 

 

他は無視。

 

その返信してくれた友人に「みんな大人ってどういう意味?」

 

と聞いたら、

 

 

「みんな仕事があって、学生時代の時みたいにスケジュールが合わないねって意味。」  

 

 

との返事。 

 

 

う??

なんかこれおかしくないですかね。

 

 

彼の意見としてはもう100%なんで文句言われなあかんねん。

 

  

というくらい正しいとは思います。

 

 

なので、こういう意見もあるとだけしてください。 

 

 

誰が正しいって彼らが正しいのでしょうから。 

 

 

 

みんな大人だ笑  

 

ってことは働いて働いて、年末年始も働いてひとときの憩いの時間すら作れないということが大人なんでしょうか? 

 

 

随分おかしいです。 

 

 

友人たちは一人は何百年伝わる京料理の御曹司で年末年始はおせち料理を作らないとダメというお家の問題。

 

もう一人は関西を束ねる電気屋さんの偉いさん。  

 

もう一人は、何してるか知らんほど疎遠。 

 

しょーがないんでしょうね。   

しょうがないほど年末年始は忙しいんでしょう。

 

 

僕も、前の仕事をしていた時は親友の結婚式も出れないくらい、年末年始なんて年で一番の書き入れ時。  

 

 

年末年始?  暇??  アホか!!! 

 

 

っていうぐらいでした。

 

  

でも、それって大人???  

 

 

大人ならば、十数年ぶりに会えるであろう友人

( ということは友人と思っているのはこちらだけであるということですから) 

 

と年末は会えないのだから年始は会えるのではという淡い期待を既読スルーしかできないってのはおかしいかと。 

 

 

これは何もその高校時代の友人たちに対して言っているわけではなく、

 

 

 

なんだかそれ 窮屈じゃないか?

 

 

 

ってことを言いたいんですね。 

 

~~だから~~をしないとダメだ。  

 

~~だから~~はできないんだ。 

 

 

って制限して制限して一生を過ごしていく。 

 

 

これ、、、まじで哀しい。 

 

 

大人ならば、自分のやりたいことをやり、自由な時間をキチッと作り、脳を「暇」の状態にしておき、次の何かしらの面白いことが起こるであろう事象に備えておくべきなのではないかと、こう思うわけでーあります。 

 

 

 

忙しいんでしょう。

 

 

これが、日本人の哀しい美徳。  

 

 

忙しいから俺は大人。 

忙しいから俺は社会に貢献している大人。  

俺はやらなければいけないやりたいことをやっている。

 

 

 

それが正しいのでしょう。 

とかなんとか意見を言う私も、、、15年ほど忙しいと言うのがカッコイイとか思ってしまっていたし、 実際、深夜の2時で忙しいってなんや???と思いながら、120時間働いていましたし、「そうしなければならない」状態でした。 

 

 

当時、アジアで一番働いている奴と自負していたくらいです。

 

まー単なるアホですけどね。 

 

 

でも、これだけは言える。 

 

「そうしなければならない」

 

 

と言うのはもうそろそろ気づいても良い妄想です。

 

 

これは重複しますが、僕の高校時代の友人に言っていることでなく、日本人社会気質について言及しています。

 

 

高校時代の友人たちはこんなわけのわからないことを思う昔の友人に

 

ただ単に会いたくないんだ笑

 

 

って思えばいいだけなんですけどねwwww

 

 

はー哀しい哀しい笑

 

まー。

 

 

 

みんな自立して、誰かに依存することなく、やりたいことをやっているとするならば、

ただ単にそれだけのことなのですが。

 

 

 

ということで、地元に帰るという選択肢がなくなりつつ、白馬にずっと残って、「息子と共通の趣味を育てる」 方が楽しいのではないかと思ってしまっています。 

 

なんでこんなややこしいことを思うんでしょうねw 

 

 

損だわー。  とかも思いません。 

 

 

 

得だわ〜 って今は思います。