文章を書くと本当に面白くて、パソコンの前に座るまで、というか書き始めても、自分が何を書くかわからないんです。

自由創造人のSHOW GO! です。

Instagramの反応が素晴らしいです。 

 

2011年から実はやっているのですが、今回、初めて力を入れてみました。 

 

5年ほど前に住んでいた家から息子(もう僕の代名詞が息子Lover笑)と一緒にビーチまで散歩している動画を載せたのですが、面白いくらいの反応です。 

 

 

5日くらい前から力を入れ始めて、6日前と大体8倍の反応。 

 

 

うーーん。 おもぴロイ。

(アカウント名を載せないというw w   ご自由にお探しください😄

 

  

もともと、オーストラリアにいる時から(日本にいるときもか。。) 写真ばっかり撮っていたくらい、実は写真好き。 

 

こんな写真ばかり撮ってました。

 

 

 

 

インスタにも力を入れていきます😄

 

 

ブログもおかげさまで30万クリックを越しているのですが、

元々は

「お前の文章力は中学生以下だ」

と言われて始めたのに、

生業になるくらい、それこそライフワークを通り越して、LIGHT WORKになってしまいました。  

 

文章を書くのって、それはそれは面白いです。  

 

 

前にも書きましたが、無から有を想像して創造するわけですから、難しいし、面白くないわけがない。 

 

 

元々は、中学生以下の文章力しかなかったので(まぁ、今も変わらんけどw) 

どう表現して良いかわからなかったのですが、ブログを書く前に、「人と感じる部分が違う」というところは多少どころか、大いにあったわけで、それを自分の中にだけ留めておくと、これはもう、思春期の中学生のOOみたいになってしまうわけです。 

 

 

  

文章を書くのって本当に面白くて、パソコンの前に座るまで、というか書き始めても、自分が何を書くかわからないんです。 

 

 

 

 

 

の文章も書き始めた時にこれを書こう! なんか思っているわけはないですよね。 

 

 

 

 

 

この頃、自由創造人のSHOW GO! としては、JSAのメンバーさん宛てに文章を書いていて、色々あるLINE@には投稿していません。  

 

 

ですが、発信はずっとしていますし、上昇学のブログにはほぼ毎日、文章を載せています。  

 

 

 

JSAのメンバーさん、もしくは箱船@の読者さんにしてもらいたいことが明確になってきました。  

 

 

5分作業」

 

 

 

です。 

最初から3時間くらいの作業をしよう!  って意気込むのではなく、

 

 

5分だけで良いです。

 

 

 

5分だけ作業をされて、もし、やる気が出なかったら、5分だけ休憩してください。 (タイマーをセットしても良いです)

 

 

 

その5分だけを「刺激」として続けていると、人間というのはいつの間にか、集中し続けます。 

 

 

気がついたら、5時間。  とかザラにあります。 

それこそ騙されたと思ってやられてみてください。 

 

 

JSAの方は、ビジネス、人間関係の基本中の基本をほぼ遊びながら学ぶことができるあのスキームを必ず、5分で良いですからされてみてください。 

 

 

 

たった5分です。 

 

 

 

その5分は確実に、絶対に、間違いなく、劇的にあなたの一生どころか、後生、五生を変えるものになります。 

 

 

なぜ、五生なのかは、、、実は意味があるんですけど、書かないでおきます。 

 

 

たった五分、何かを「始める」のと、5分も何かを「始めない」のでは月とスッポン、雲泥の差なのは何もしない人も想像できると思います。 

 

 

これが、この5分がかなりの人生の岐路だと思っていただけると、嬉しいですね。

 

 

んでもって、、、

 

飽きる  って大事です。 

 

いつまでも同じことをしている意味がないという意味でです。 

 

何も始めていないのに、Jカーブの底も抜けていないのに飽きるっていうのはお話にならないです。

 

たった5分をせめて、、、、、3年ほどは続けてもらいたいです。 

 

 

あ、美魔女さんも書いてましたね。 

 

 

 

 

10000時間は費やされてから、初めて守破離しましょう。

 

 

その上で敢えて言います。  

 

 

 

飽きるって大事なんです。 

ここでもうひとつ言葉を。 

 

ホメオスタシスですね。    

恒常性。   

 

 

これを打ち破れるかどうかが、一生を左右するわけです。 

 

 

簡単に。 

 

 

公務員なら、公務員でやり甲斐を持ってお仕事をされれば良いです。 

  

ですが、機械でもできる仕事を一生続ける必要はないと私は思います。 

 

免許の更新に行った時に、強く感じたのですが、

 

3番窓口に行った時に、警察の制服を着たおじいさんが

「4番窓口へどうぞ」  

「4番窓口へどうぞ」   

「4番窓口へどうぞ」 

と少なくとも2時間くらいは言い続けていたんですね。 

 

 

 

その人の存在意義。。。。  

税金、、、、   言うまい。。。

 

 

要は機械で賄える仕事は機械に任せておけばよいわけです。 

 

ま、今回のは機械でなくて紙に書かれた文字でも同じどころか、効率が良いですが。 

 

 

 

その方はその仕事に「恒常性」を持って、慣れてしまっているわけです。 

 

新しい概念、事象を生み出すことができない。 

 

 

これ、かなり危険です。 

 

 

一生を無駄にしているということですから、ご自分の尊厳、人生、命に対しての冒涜です。 

 

 

これは、、、、良いか、、、歯に衣着せぬ言い方で書きます。   

 

 

どうせ、何万人が読んでいるわけでもないので、

 

 

生きていても意味がないんです。  

 

 

そんな人いるんだ?  

 

 

っていう方が結構おられると思いますが、そういうあなたも、私も恒常性はやはり持っています。 

 

 

 

今の生活に慣れきってしまっていて、未知なるものを追求しなくなっていないでしょうか?

 

 

学究心がなくなっていないでしょうか? 

 

 

そこにお金がかかるから、

時間がないから、

知らないから、

怖いから、

怪しいから、

(どうしようもないですが)興味がないから、

 

 

 

飽きもせず、性懲りも無く、

ずっと同じ生活を何十年も続けていませんか? 

 

 

 

 

私自身は国際引越を100回近くしています。 

同じ地域の先輩にその様なことを話したら

「ふらふらしとるな~」

の言葉で一括されましたが、その方は滋賀県の片田舎で40年以上、同じ仕事、同じ家に住んでいて、全く新しいことには挑戦されないご様子でした。 

 

 

 

これってどうなんでしょう? 

もったいないなぁと思います。 

 

 

江戸時代から比べて、情報の伝達の速度が1000倍以上になっているのに、言うなれば、、、脱藩者の様に見られる

 

 

世界に出て、見聞を広めんかい。  

 

 

同じところでズーーーっと同じことしている美学があるんでしょうか? 

 

 

いや、違うな。  

 

 

そうせざるを得ない  

って、勝手に思ってらっしゃるんだと思います。 

 

 

 

本当にもったいないと思います。 

 

 

 

引越をしろ! って言っているわけでなはく、未知なるものに挑戦してみよう。 

 

 

 

って言ってるだけです。 

未知だから怪しいんですよ。

 

 

 

初めから上手くできるものなんて、絶対にありません。 

そりゃそうだ。 

赤ちゃんがイキナリ、料理しだしたら、気持ち悪いわ。  

 

 

 

まずはやってみる。 

どのくらいやってみるか?

5分だけやってみてください。 

 

 

 

気がついたら、それをしなければ気持ち悪いくらいになりますよ。

 

 

 

 

ほら、

5分だけ文章を書こうと思ったのに、3時間以上もパソコンかちゃかちゃしちゃった。 

 

 

 

まずは始めること。  

まずは5分始めること。 

 

 

これがあなたの人生を大きく、大きく変えます。 

 

何を始めれば良いでしょう?

 

 

手始めにこれなんかどうですか?

https://blog.jyosho.xyz/2018/05/08/6142