なんとしてでも

本気度が違うんでしょうね。

 

ぶっちゃけ言っちゃうとそれだけになってしまうと思うのですが。 

 

2年も3年も書かせてもらって勉強しまくってわかったことなのですが、  

 

お金持ちにならない人って、お金持ちに本当になりたく無い、もしくはならなくて生きていける

 

んです。 

 

そんなことないよ!  

俺はお金持ちになりたいんだ!  

その為に働いて働いて働きまくってる。   

俺はお金持ちになりたいんだ!

 

 

って人が強いて言うと99%です。 

 

だからダメだって書き続けてるのに、そんなこともあるんだろうな、

もしくはそんなことはないって思ってしまう。 

要は素直ではないから、徒労に終わられてしまうワケです。

 

  

ゴリゴリにもったいないです。

 

 

ゴリゴリにもったいないって言っても、その方々にはもとより存在しない、存在することがこの先ない概念ですので、勿体無くもないと言うのがニクいところです。

 

 

お金、時間に対する考え方が全くもって逆ですから、何を言っても信じられないもしくは逆の行動をされるのはもう、辟易するほど感じました。

 

 

私自身も十数年ほど、お金も時間もない状態が続きましたが、ぶっちゃけ、、、お金はある方だと思っていました。  

1日に12時間ほどは自由な時間があり、

1日に1~2万円の給料を貰う生活で超満足でした。 

 

 

これじゃないんです。 

 

 

 

「働かされている」って気づいたのは数年前です。 

 

 

会社の創業者でやっていましたが、働かされていたワケです。 

 

 

お金、もしくは時間に働かされていたワケです。

 

 

これって、通じる感覚なのでしょうか? 

 

 

 

前の会社のオーナーが言っていました。

 

 

Shogo , Do you understand who are you working for ?           (僕、 myself)      no!  Me!   And I am working for the company , even the OWNER is a slave of the company

 

 

 

訳すと、

「正悟、お前は誰の為に働いているかわかっているか? (僕は自分の為だと答えました) ですが、元オーナーは 俺の為だ! そして俺は会社の為に働いている。 創業者も会社の奴隷なんだよ。

 

 

と言われ、その時は愕然としました。 

 

 

え?  会社オーナーですら奴隷なの? 

 

 

   

じゃ、、、この先、僕はどこまで行っても奴隷??   

自分の為には働けないの???  

 

 

 

と思いました。

本当に残念ながら、これは大正解でした。

 

  

 

会社組織を有する以上、Bクワドラントになったとしても、それは本当の自由とはかけ離れているということなんです。 

 

 

これって、お先真っ暗じゃないですか?  

 

 

 

当時、EクワドラントのSクワドラントよりに居た僕は一体、どうしていこう。。。。と泣きそうになりました。 

 

   

そして、Eクワドラントを卒業すると同時に地獄のSクワドラントへ、

 

 

借金5000万円ほどをして、いつ死のうかと眠れぬ夜を幾年も繰り返しながら、

 

 

Bクワドラントへ、    

(よく行けたなと思いますが、給料を2年ほど貰ってなかったんですよw)  

 

 

Bクワドラントの時は、それはそれは、、、大満足でした。 

 

 

 

ですが、「創業者も会社の奴隷」という、超悲しい事実を経験して、、、

 

 

地獄のSクワドラントへ自ら逆戻りして、

 

 

Bの右側のFクワドラントへ。

 

 

 

これは私が作った概念ですから、誰もご存知はないですが。

 

 

  

とまぁ、人に歴史あり な訳ですが、

 

 

死ぬ思いなんて、しなくても良いじゃないですか。

 

 

 

効率的に、人生を生きていければ良いワケです。 

 

 

 

いつも言っている2000ビットをセンスして、そこに傾倒すれば少なくとも3000000倍(実数値)は他の「何も考えて居ない」人より「いとをかし」な人生を過ごせるワケです。

 

 

 

前述した文章に戻ります。

 

 

そんなことないよ!  俺はお金持ちになりたいんだ!  その為に働いて働いて働きまくってる。   俺はお金持ちになりたいんだ!

 

 

 

 

これじゃないワケです。 

 

 

その機構で働く事自体が、残念ながら「考えてない結果」なんです。。。。。

 

 

チーーーん。  

 

え?   働いちゃダメなの???  

 

 

だってどこまで行っても奴隷なワケでしょ?

 

 

ぶっちゃけ言いますと、、、、

 

 

 

殆どが正解です。。。。

 

 

 

それこそ

 

ちーーーーーん。

 

 

 

 

 

どうしたら良いのでしょうか?

 

 

その答えを私はもう「売るほど」持っています。

 

 

 

 

その答えを知りたい方は、どうにかして私にご連絡されてください。  

 

 

 

どうにかしてご連絡をされた方に、返答したいと思います。 

 

 

↑ですが、何が何でも知ろうとしてください。   

 

本気の方だけに僕はお付き合いさせて頂きます。