人生の教科書とは

もう、何回も何回も同じことをお伝えしています。 

物事を傾倒して、熟慮する。

これは非常に大事です。 

 

「お金の為には働かない」とはどういうことか。

 

 

明確に脳裏に描けない人は、その事を説明しているところにお越しください。 

 

↑(説明できない人はすべからくそれに入ります   ちなみに説明できる人は、私の周りでは3、4人です)   

 

 

 

 

 

説明会です。 

 

 

 

セミナーという言葉を使えば、「怪しい。 何か売られるんじゃないか?」  

 

 

というイメージが出てくる人もいるそうです。

 

  

人生そのものを無駄に過ごしているのですが。  

 

 

もったいない。  

もったいない。 

懐かしいところで言うと、もったいないお化けが出るくらいです。   

 

 

 

メンバーさんが書いているブログを引用します。

「失敗なんて恐れることはない。 一番恐ろしいのは失敗を恐れて何もしないこと」

 

 

石橋を叩いて、叩いて、渡るか迷った挙句、渡らないのは、チャンスという人生そのものを逃しています。 

 

 

一生は一回だけだという事を、明確に脳裏に描けていないのです。 

 

物事を傾倒して、熟慮できていないのです。 

 

 

 

ある人生の集大成が詰まった考えに触れて見られたら良いのにと思います。 

 

 

その人は、あなたが考えたことがない事を、傾倒して熟慮しているわけですから、人生の経験として、聞いた方が良いに決まっているじゃないですか。 

 

 

セミナーは本を読むの一緒です。 

 

 

人の人生を変える可能性があるものは、「本」と「人」くらいしかないのでないでしょうか? 

 

 

 

取らなくて良い情報 ではないでしょう。 

 

 

 

セミナーは、万難排して臨んでください。 

病気、仕事、距離、お金、 

何らかの因子で参加できない。 

これは、ご自分に起因しています。 

万難排して望む  

 

 

 

このことも真剣に考えてみてください。

 

 

人生の教科書の日程を。 

 

 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOAjlaEv

 

 

7月31日までの予定を全て入れていますので、必ずチェックされてください。