10月の中国

昨日の「ベラんメェ」の記事ですが、

こんなこと本当にあったらいいですねぇ。 

って思われているみたいです☺️

 

 

フィクションじゃね~からwww

 

違いますよー。 事実ですよー。

 

 

でもその反応のおかげさまで、大事なことに気がつきました。

 

人生で大事なこと、ビジネスでも考えなければいけないことに気がつきました。

 

「基準値」です。

 

 

 

 

 

上昇学のブログで基準値について書いたかな。。。?  と思って調べてみたら(調べられますからね?)やはり書いていました。  

 

 

しかも、セミナーに関連して書いていたので、必ず一読されるべきかと思います。 

 

 

基準値は人それぞれですが、人それぞれでも変わると思います。 

 

 

基準値。 

満員電車に乗らされて職場に行くのが、普通という基準値。 

2億円の別荘に滞在するのが普通という基準値。 

 

 

これは生まれ持った環境ではありません。 

 

その証拠に私は実の兄に、この別荘に家族で行こうと話した時の反応が忘れられません。

 

「そんなとこ行って、贅沢な時間を過ごすより 真面目に働いてお金貯める方が無難や」 

 

同じ環境の筈です。

 

 

弟からすると、なぜ別荘に行く提案をしたのに、真面目に働くという事を引き合いに出してくるのか今だに理解できませんが、彼の中ではそれが普通なんでしょう。

 

 

 

3年ほど前にカートを教えて貰ったのですが、その教えてくれた人は幼少期にカートで世界一を取ったことがある人でした。  

 

 

その彼にコーナーの入り方、ブレーキングポイント、ハンドル捌き、体重移動などを聞くわけです。 

 

もちろん初めてのカートですから、その元世界一の人には敵わない訳です。  

 

でも、その人の後ろを追う様に走る訳ですから、ライン取りなど世界一の基準値で走れる訳です。 

 

世界一の基準値なのですから、素人の世界では日本一速く走れていたと思います。 

 

 

今度の10月に中国でテニスの大きな試合があるらしいのですが、それを見に行かないか?と誘われました。   

そんなもん、行くかいかないかでなく、絶対に行くのですが、やはり誘う人(別荘の保有者)の基準値が面白いものでした。

 

 

「品川でテニスして、飛行機乗って、着いたらテニス、準決勝見て、テニスしてから、決勝戦を見て、テニスしてから帰ろう🎾     元日本チャンピオンの人とつきっきりで教えてもらえるから、楽しいよ」

 

 

との事でした。 

 

 

基準値が高い訳です。 

上手くならない道理がない訳です。

 

 

彼は福岡でテニス1位とかだったのですが、何よりも目標を高いところに持って行く、環境を揃える基準値が高いので、県1位とかを取れる訳です。 

 

 

同い年で大成功している理由がわかります。 

 

 

 

ってことは、、体、作らないとせっかくの元日本チャンピオンと打てるチャンスをふいにしてしまう訳です。  

 

これは、宝の持ち腐れ以外の何者でもない。

 

 

上昇学テニス部発足か。。。☺️

 

 

健全な精神は健全な肉体に宿る訳ですし、ビジネスから繋がっている仲間内でBITCOIN CUPなんか運営したら、それはそれは楽しいことになるでしょうね。

 

 

 

ここでも基準値です。

 

 

ボレーボレーをやるのではなく、ビットコインカップなるものを運営するという目標でテニスをやり始める。  

 

 

 面白そうでしょ?

 

 

 

ちなみに先述した実兄は、滋賀県で随一の進学校である膳所高校のテニス部の創始者です。 

 

 

今年で30年だというから驚きです。 

 

 

現滋賀県知事の三日月氏とも一緒に活動していました。

 

関西アーバン銀行のある支店長とも。  その方はこのブログを読んでくれています☺️

 

 

 

その頃は私も基準値を高く、設定して伊達公子さんが通っていたテニスクラブに所属するくらいだったのですが、今は、、、、

 

復活しないとですね。 

 

 

 

基準値を見直して、目標をセットして、やることやります。 

ビジネスでもやることは一緒です。 

 

 

 

これだけです。 

 

 

あ、中国とビットコインで思い出しました。

 

 

10月に何が起こるかご存知ですか??

 

すごいことが起こりますよ。。

 

 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=JqOHSIRnMhkEv

 

 

情報の坩堝から、お待ちしています☺️