美魔女って だぁれ?

美魔女投資家 平川祐姫子です。

仕事がひと段落して、自由に時間を過ごしています。

 

自由というのは、何もしないことではなく。。

24時間、自分の好きなように時間を使えるという事かと。

 

 

今でこそ、私も自由に24時間を使うことができますが、数年前まで、それこそ不自由代表の生活を送っていました。

 

最近、新しくブログを見てくださる方も多くなって

 

「そもそも美魔女って誰??」

という方も増えてきたので、今日は 改めて、自己紹介をします。

 

 

九州出身、代々続く建設業の社長令嬢(笑)

お勉強もスポーツもそれなりにこなす、学校の先生のウケもいい、いわゆる「お利口ちゃん」でした。

 

 

大学卒業後、読売系列のテレビ局に入ったのですが、

振り返ると、ここから続くお勤め人生13年間は

全くの不自由でした。

 

テレビ局では、報道記者やディレクターをしていた為、

お給料は良かったのですが、自由になる時間がない!!!

 

友達と休みが全く合わないので、

入局して数年後には全く友達がいない状態に!

 

毎年1回の海外旅行は、ひとりぼっちで出かける

なんとも「おひとり様」な 独身時代を過ごしました。

 

ハワイのサンセットクルージングに、おひとり様で参加。ハネムーナーひしめくディナー船で、ひとりぼっちで美味しいお食事を頂いたり、オーストラリアのエアーズロックをバックに一人でバーベキューに舌鼓を打つ。

なーんて、孤独極まりない状況を、全身で楽しめる精神力を身につけましたw

 

 

365日24時間営業で、夜中もデスク(報道局を仕切っている偉い人)の電話一つで現場へ直行の毎日w

勤務10年経ったところで、「もう充分やり切った!これ以上は働けない!」状態になり、完全燃焼して退社。

 

とりあえず、お嫁には行けていたので、子どもを産んで、3年間専業主婦を経験しました。

 

ですが・・・

 

元々仕事大好き人間なので、家にいることが耐えられない。。。。しかも旦那は全く当てにならない!という事態にw

 

ここでたまたま求人が出ていた

公務員募集に目が留まります。

 

元テレビウーマンで

仕事ができる人、と勘違いされたのか、

38歳にして、見事、最年長新採公務員に! 熟ってます♡

 

人手不足もあり、、、年も考えず、

キャンペーンガールなども務めました。笑

 

 

「田舎で公務員」というのは、お堅い仕事で

いわゆる世間体がいいので家族からも喜ばれたのですけど、

 

私が宇宙一嫌いな「日焼け」の現場に出されるのが

猛烈なストレスに!!(今、猛烈にゴルフしとるやないかーいw)

 

しかも、行きたくもない飲み会や懇親会に行かねばならない。本当に嫌でした。

 

「やめたい!!」「自由になりたい!!」

という思いといつも闘っていました。

 

安定(安く定められている)はしているが、自由がない。

 

実家に居候していて、親に子供を見てもらっていたので、勤務が終わったら、1分1秒でも早く帰らなければいけない!

 

親から嫌な顔をされたくないという焦り、恐怖。

親の顔色を見ながらの子育て。蕁麻疹が出ることも。

自由のかけらもありませんでしたね。。。

 

 

自由に、、自由にならなければ、

私、死んでしまう。。。。。

 

ということで、、、

 

公務員時代に、コピーライティング、物販、Webマーケティングの副業を始めます。

4歳の娘を寝かしつけた後、部屋でコソコソ夜中まで作業する毎日。

母親がパソコンを触っているだけで、「あなた何か怪しいことしてるんじゃないの??」と嫌な顔をされるので、隠れキリシタンのように、副業していたんです。

 

ですが、生来の頑張り屋の努力が実ったのか、特に物販のカメラ転売では、意外な才能を発揮!

 

月商100万円を達成!パンパカパーン♬

 

ですが、あまりの過酷さに体調を崩し、婦人科疾患を発症。数ヶ月療養生活を強いられます。

 

この発病が、これまでの、そしてこれからの生き方を熟考するきっかけになったんです。

 

 

そこから、本当の自由を求めて模索しているときに、自由創造人S(さぁ誰でしょう?)に出逢います。

 

自由創造人Sさんは、私がこれまで、会ったこともないような自由人で、世界を股にかけて活躍し、思考も私が想像もつかないような発想力を持っている宇宙人のような人。

 

この人と居たら私の人生、面白くなるかもしれない。。。

 

そこから、これまた24時間365日営業独立のための、学びの時間を過ごすことに。

 

今度は テレビ局員や公務員の看板もないし、何の後ろ立てもない。自分の力をつけることしか生きる道はない生活。(←ココですよ!!)

 

ほぼ無一文の状態で東京に上京して、Jカーブの底を味わいながら毎日、人に会い、人脈をつくり、スキルを学ぶ。

 

収入と言ったら、これまで貧乏なんかしたことがない、このわたくしが、月収2万円!!!

 

朝、身支度をして、総武線に乗って、当時、ビジネスの聖地だった新宿に通う。終電まで学びとアポイントをぶっ続けで行い、終電でフラフラになりながら帰宅する生活。

当時はやっているビジネスもそう報酬は多くなかったですし、目立つ結果も出せていなかったので、月収は2万円ほど。まさかの1万円台の時もありました。どうやって生きていたんだろう。。。

 

あまりにお金がなくて、一杯の掛け蕎麦を3人で食べながら、、、「おい、2チュルチュルまでやぞ!!!」と笑い合った経験や、当時やっていた物販の一環で、路上で100円のおもちゃを売っていたこともあります。今考えると乞食のようでした。

 

その路上販売で100円で買ったコートを着て、久しぶりに実家に帰った時、実の母親から「あなたがそんな粗末な洋服を着ているなんて・・・ お母さん、初めて見た。。。号泣」

 

セミナー代の500円が出せなかったこともありました。情けなくて、もうセミナーにも行きたくなかったし、人に会いたくないこともありました、正直。

 

 

なんだ自由創造人とか言うやつは!!!!

全然、お金持ちにもならないし、成功とは程遠いじゃないのよー!

 

なーんて決して思わなかったですね。

 

毎日、学びと アポイントの連続で、それこそ、パソコンを打ちながら寝落ちして、目覚めと共に、パソコンを起動し、私も起動する、と言う生活でしたが、

毎日毎日、仲間と共に時間を過ごし、新しいビジネススキルを身につけつつ、人脈も創っていく。その行動が 当時の私の好奇心を満たし、何より、共に時間を過ごす仲間との結束が 何より心の支えになったのです。

 

これまで、テレビ局や公務員の仕事で、人並み以上に働いてきたつもりでした。一般的な社会常識は身に付けていたし、同世代の女性よりも社会経験はかなり積んでいるつもりでした。

ですが、極貧期の学びは、今までの会社員生活では味わうことができないもので、本当に自由になる為の考え方、スキルを身につけると、これまでの生き方とは全く異質なものだったのです。

 

そりゃ、成功するまでは、努力が必要なのは間違いないですよ! そこを丁寧に過ごしていくことが本当に大事なんですよ!!

 

「 第三の青春時代」のような感覚。今、思い返してもキラキラした宝物のような時間。

 

途中で諦めてしまおうか、、、と考えたことは正直、ありました。

でも、自由創造人Sさんのことを信じて、決してリタイヤすることはしませんでした。信じ切ったんです。

 

なぜか。この人を信じ切って、やり遂げよう、と決めていたからです。そして成功することを決めていた。

私が成し遂げたことがない経験を 既に経験していて、実際に成し遂げた人だったからです。

 

この学びの繰り返しど集中して、

一年半で ようやくJカーブの底を抜けました。

 

 

今は2社の会社社長として、独立を果たしています。

 

 

お勤め時代も お給料は多かったし、完全に不幸せではなかったけれど・・・。独立に向けて動かなければ今の自由はありません。

 

お勤め時代と比べた、現在のこの自由は、、、数字で表現すると、1:100000000 です。 同じ時代に同じ日本で生きているとは思えないほどなんですよ。

 

その自由は自由創造人と 創ってきました。

 

元々、特技は何もなかったんです。

今でも特に誇れるものはありません。

 

ですが、チャンス、コネクション、私に合った仲間づくりができたことで今の環境が手に入った。

 

なんでもやってみないとわからない。

私でも出来たのだから、あなたにも出来ます。

 

そして、今は2社の会社を経営していますし、収入は会社員の時の1000倍!

そして、思考の広さと深さ。創造力は∞(無限大)になりました。

 

案件に恵まれて、パーンとお金持ちになった人や、ぼんやりと成功しちゃった人とは、根性がちゃいますよー!気合入っとんねんw

 

人生は挑戦。

 

今、満足しているあなたでも、

その満足は永遠に続くものではない。

 

「安定」というのはないです。

 

この世が 絶えず変わり続けるものならばその変化を進んで取りに行き、変化に適応したらいいですよ。

 

人生が面白く、前向きで、生きているーという実感に変わります。

 

そのお手伝いを、上昇学でさせて頂きますよ。

 

あなたは あなたの人生の主人公です。