なんでもかんでも己次第

美魔女投資家 本田由紀子です。

 

小学3年生の娘にいつも言うこと。

「自分で稼げる大人になってね!」

「お勉強は大事。学校の勉強で基礎力を身につけるんだよ」

 

勉強はできて当たり前?????

基礎力ができて、自分で応用できるようになって「ありがとう」をたくさん集められると、稼げるようになるよ♬

 

娘はまだまだ素直なので、

大人しく私の言うことを聞いています。

 

私が娘に願うこと。

「自分の力で稼げる大人になって欲しい!」

 

娘が自活する20年先の世界なんて

全てを予測することは不可能ですから

どんな世の中になっても、自分で切り開いていく力を

身につけなきゃ、どうしようもないんです。。。。

 

だから、今、少しずつできること。

まずは働くことの練習です。

 

今、娘には、レシート貼りなど、

ママの仕事の手伝いをしてもらっているのですが、

手伝いとは言え、立派な労働、勉強の場と言うことで

時給を設定しています。

 

時給500円!!(まぁまぁですよね、汗)

そこで労働をすることによって、

働く=時間を提供すれば、お金が稼げる

ステージの練習をさせています。

 

世の中の働き方には、

4つのクワドラントと呼ばれるものがあり、

ESBIというカテゴリーですが

その4つのうちにどれかに、分類されますが、

(耳タコな方ゴメンなさい 笑)

 

 

 

この娘のお手伝いはE・左側のクワドラント(労働者・勤務者)に当たるわけです。

 

ちょっとお手伝いをしただけで、数百円もらえるのですから、今のところ、娘は大喜びで、暇があればお手伝いしたい!

と言ってくれていますが、、

この状態を繰り返して、労働に労働を重ねて、本当の経済的勝者である、右のクワドラントに行くには

 

「これっていつまで働くの??」といった、「悟りを得る」必要があります。

 

産業革命の酷使されて働く子供並み

に労働しなければ悟れないレベルかもしれないのですが、早く、いろんな気づきを得て欲しいと思っています。

 

何事も次のステージに行くまでには、今のステージでの悟りを得る必要があって

物事を深く、体験を持って理解できた人こそ、よりしみじみと 次の段階に行けると思うんです。

子ども時代も大事な経験を積むための時間ですからね。

早くからいろんな体験をして、若くして次のステージに行って欲しいなぁと。

(ママはウン十年かかっちゃったからね!反省)

 

 

大人の私たちは、もうそろそろ、2つ3つ、上級ステージに 踏み出さないと時間が勿体無い!!!

クワドラントの左側から右側に移ると言うことは、人生の本義を満たすための行動の一つです。

そこから、時間も富も構築できる

この左→右に行く方法を

必ず知る必要があるんです。

 

明後日も開眼するチャンスがあります。

世の中知ってるか知らないか。

知って、行動して、経験を積むといいですね。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=abGtbfi