10年先の自分って?

美魔女投資家 本田由紀子です。マカオに来ましたー♬

去年は事あるごとに海外に行って来ましたが、久しぶりの海外です。

香港には20代の頃に来たのですが、あれから幾年経ったのか、もはや計算したくないほどの歳月が流れました。

すごいですね。時間の経過の早いこと。ここ数年で世の中が随分と変わった気がします。

そして、あの頃にはなかった感覚が今の自分にはあると。お勤め生活でしたが、何の疑問も持っていなかったですし、人生に楽しみを求めて、物欲もそれなりにあって、刹那的な人間でした。

今回は26歳のTくんも一緒ですが、あの頃の自分と同じほどの若さです。もし彼の若さに、今のメンタルのまま、若返ることができたら。

恐ろしく成長するだろうな。考えてもせんない事ですが。とかく「若い」ということは、それだけで可能性が大きいということですが、人間時間は平等です。

人間、目標を持って生きている人も多いですが、1年先、少なくとも3年先の未来しか考えていないのがほとんどではないでしょうか?

または、期限を設定していない、「おぼろげな夢」を持っている人もいるかもしれません。

もう少し先を見て行動しませんか。「10年先」というのはいかがでしょう。10年先を見れば、世の中の大きな動きに目を向けられるし、途端に未来のことが自分事に感じられて来ます。 AI、Fintech、VR、世の中の大きなシフトチェンジなど、なかなか大きなことで自分には関係がないと思いがちな分野のことを、自分の中にリアルに落とし込んでみるのもいいと思います。

それとは全く関係がない分野のことも、「10年後、こうなりたい自分像」というのを設定するのも、いいですよね。

今日も明日も、、皆等しく時間は流れていきますし、私にもあなたにも等しく10年後、20年後がやって来ます。

30代の人は40代がやって来ますし、40代の人は50代の自分がやって来ます。20代も遊びにかまけていると、すぐ30代になってしまいます。

10年あれば自分がなりたい、叶えたいもののほとんどは叶うと思いませんか?それどころか、明確になりたい姿を思い描けば、もっと短期間で現実化します。 勿体無いのは、自分の体と意識を 目標に向かって運転することなく、ただ刹那的に生きて、年老いて後悔することです。

今回のマカオでは、未来のFintechの姿を勉強して来ます。

面白い未来を沢山仕入れて、またシェアしますね

1件のコメント

  1. 毎回、楽しく読まさせて頂いております。
    特にア-ビラージの情報は新鮮に思いました。
    これからも宜しくお願いします。

ただいまコメントは受け付けていません。