変わったよね。。。

自由創造人のSHOW GO! です。

昨日も書きましたが、旅に出ておりました。 

 

時代は変わったなぁ。。。。。ってことを少し、書きたいと思います。 

 

 

私とオフラインで会う人は、ご存知かと思いますが、

私のお財布はビットコインを1000円台の頃に2000万円分ほど両替されていた、

「先見の明の塊」であるAさんに

Aさん 財布こーてください。」

と言ったら、

 

「ほな、これやるわ。  俺から財布もらった人って、0000(アルトコイン史上、最も暴騰したあのコイン)の仕掛け人の000とShowgoだけやで  大事にしーや」  

 

と言われもらった、言うなれば世界で2個しかない財布です。  

 

 

中身よりも財布が大事

 

 

金(ゴールド)とか入ってますので、普通に重い。

 

 

普通に重いので、小さめの財布を旅行には持って行ったのですが。

 

 

 

 

 

旅行中、現金、、、一回も使いませんでした爆

 

 

 

これ、見てください。 

 

 

 

買い物をして、お会計が終わってから、ビニール袋(僕はこれをお洒落バッグと呼ぶ)を「1枚3円ですがよろしいですか?」 と言われたので、面白いのでカード使ってやりました。

 

 

 

 

お買い上げ商品数0w

 

 

 

 

東京に帰ってきてから、本当に珍しく山の手線に乗ったのですが、

JSAメンバーさんも同じものを題材にされて、ブログを書かれていましが)

こんな広告が。

 

 

 

 

敢えて、商品名を公表する気もないですが、コピーが気になりました。

 

 

「安心」を。

 

 

昔はクレジットカードなんて、こんなカードでモノが買えるなんて、怪しい。  って概念だったのに、今では、字の如くクレジット「信用」がないと、使えないものですよね。

 

 

まだまだ「仮想通貨」って言葉が横行してますが、そこに、

 

 

「安心」を。 

 

 

ですよ。 

 

 

上昇学は4年ほど前からこの分野は注目していますが、その頃の「仮想通貨」なんて、「目に見えない怪しいもの」でしかなかったわけです。 

 

 

それが、山の手線で、言うなれば中吊りで

「安心」を。  

ですよ。  

 

 

この変化に気がついてますか?

 

 

まだ世界でも700万人くらいしかユーザーがいないのに、山手線の中吊りで「安心」ってワードが使われているんですよ? 

 

(アホな人は、いや、それは取引を安心にって意味だよ って言うでしょうけどw)

 

 

 

 

インドのスーパーリッチ(超富裕層)にも、暗号資産が人気なわけですが、特筆すべき点は、インド政府は自国の通貨が危ぶまれるので、禁止にしようとしているにも拘らずです。

 

 

 

 

止められねーんだよ。

 

 

自由を擁護する通貨ですからね。 

 

 

勝手に予想ですが、もう少しだけBTCは価値が下がってくれると思います。 (まだまだ篩はありますよ)  

 

 

今年の年末とか、どーでもいいです。  

 

注目すべきは2020年の513日。 (誰かさんの誕生日)  

 

 

それまでに一体、いくらのBTCを手にできるかで、この先の人生が楽しいものか、苦しいものかに分かれます。

 

 

 

もう、理解しよ。   

理解できなくても、そう、知ろう。   

 

 

 

 

今日中なら、日利8%という、訳のわからないオマケがつく情報も載ってます。

 

今日中に絶対に行動されてください。

 

 

 

 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adypbEv