会社員で資産1億円を創った女

美魔女投資家 本田由紀子です。

 

今でこそ自由の身になりましたが、5年前は朝から夜まで時間に縛られた「会社員」という名前の奴隷でした。

そんな私が会社員時代に成し遂げた唯一の成功は、

お勤めしながら資産を1億円創ったことです。

 

その方法は結構シンプルですが、いくつかの要素が伴わないと実現しません。

 

その秘訣、知りたいですか?

 

当時は会社員で、過酷な労働環境にいましたが、お給料はそこそこ良い会社でした。

今でも情報はどこへでも取りに行く習性ですがその頃は九州にいたにも関わらず、土日は上京して、実績を上げている方に会いに行ったり勉強会などにも参加していました。

 

そして幸運にも出逢ってしまったのです。

ド級の億万長者に!!!

 

その頃は投資や運用というものをほとんどやったことはなかったのですが、「自由になりたい!」「お金を貯めたい!」といういう思いは人一倍ありました。

給料面では待遇が良い会社にいたので、一生会社員で働くことに何の疑問も持たず、毎日アクセク働いている同僚の中では、おそらく異質な存在だったと思います。

 

そして、そのド級の億万長者から教えてもらったスキームで、月利10%から20%、すごい時には30%クラスの運用でドンドン殖やしていきました。

当時、30歳サラリーウーマン、新婚、子供なし

月給が手取りで40万、そこから色々な必要経費を抜いて、私が毎月投資したのは25万円、副業もやっていて、月100万円ほど稼いだ時期もあったので、それも加えて 月50万円近くは、運用に回しました。

年2回のボーナスが100万円ずつでしたので、それもほぼ投入。

別に欲しいものもそうありませんでしたし。すると、半年近くで1000万円超えしました。

この時、これまでの人生でもっとも感動した瞬間だったと思います(単純)おそらく、自分の中でお金に対する基準値が変わった瞬間です。

これは30歳サラリー女子には結構な自信に繋がりましたね。

お金って、集まるところに集まる習性があるんですよ。

あるところに集まる、人がどうこうではなくて、お金がお金を引き寄せているんじゃ無い??と思う瞬間ってたくさんあります。

それを強烈に味わった瞬間でしたね。

 

さぁさぁ、そこからさらに投資欲が高まっていきます。

「3000万円までは一点集中!」という 億万長者の教えのもと

愚直に増資&トップアップ!(この言葉わかる人はわかるw)

なんだかこのフレーズ、どこかで聞いたような・・・(遠い目)

 

3000万まで行けば、大台に乗るのは早かったですね。

そこから半年ほどで到達しました。

 

大台に乗ったら会社を辞める、と決めていて

その目標のためにひたすら頑張った毎日でしたね。

多分目が¥マークになっていたと思います。笑

 

ですが、自由になりたい、というモチベーションがあったので

ブレずに遂行できたんですよね。

これは本当自分を褒めてあげたいと思いますよ。

 

当時、私は サラリーマンで 今みたいに何の制約もなくお金を稼ぐ行動ができない状態だったわけです。起業家ではありませんから。

でもそれを達成できたのは、結構な奇跡かな、、、、と思います。

 

それに比べて今はとっても恵まれてますよね。

たくさん、優良な投資案件はありますし、

暗号資産など破壊力があるものを選択できるじゃ無いですか。

つい最近2年ほど前までは月利6%の案件でも

ヨダレ出るほどすごい!!!!と思ってたんですからね。

ですが、今は何ですか!

20-30%はザラでしょ? はたまた100%超えするものもあるわけでしょ?

何でやらないのかな。。。。意味がわからない。。。。

おそらく今は資産を激増させる最後のチャンスですよ。

 

冷静になって考えて、これほど資産が増えるタイミングはないです。私もここのところ、自分の資産をいかに激増させるか、ということにフォーカスして、数値算出の上動いています。

ちょこまか稼ぐんじゃないですよ。

案件を精査して精査して、間違いない!確率高し!

と判断したら、一点集中で撃破!ですよ。

丁度、私の億万長者の師匠が言っていたように

「3000万円までは一点集中!」ってことです。

本当によく聞くフレーズだな、コレw

 

今日も21時から面白い情報がなんとwebで取得できます!

こちらから!

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=adypbEv

 

 

 

 

1件のコメント

  1. 中々さすがのお話しです。私は今警備員していて借金抱え一点突破する資金が少ないのでいきなり3000万円は厳しいんですけどこんな私でも現状打破出来るか疑問です?

ただいまコメントは受け付けていません。