何に注目するべきか

自由創造人のSHOW GO! です。

情報を得ている人で知らない人はいないでしょう。   

 

 

世界の経済を彩る権威に自由万歳案件であるJAが認められました。 

 

 

昨日も書いたのですが、法律改正したら良いのに。

 

詳しくは皆さんがお書きになっている記事を読まれれば、その半端なさがわかって頂けると思います。 

 

 

 

上昇学がこの至極の情報を活用しなければいけない部分は、

単に雑誌に載ったということよりも、

雑誌に載るその何ヶ月も前にその情報に目を付けていた

「上昇学」の「先見の明」を大いに取り上げるべきだと思います。  

 

 

雑誌に載ったのは、物凄い事実です。 

   

だが、全くのゴールでもなんでもなく、100m走が110メートルハードルになったようなもんです。 

 

  

今までは、「怪しい会社」だったのに「疑う奴の方が怪しい会社」にゴロッと180度、視点と立場が変わってしまったわけですから、多くの方も書いていますが、単に競争率が上がっただけです。 

 

  

世間というのは、そんなに簡単なものじゃ無いです。

 

 

ニューヨークタイムズ誌に載ろうが、世界の経済誌の権威のフォーブスに載ろうが、週間少年ジャンプに載ろうが、町内の回覧板に載ろうが、信じる者は儲かるし、信じない人は損をするだけです。  

 

 

ネットでなにをどこまで言おうか、毎日の配信の大事な情報に気付けないのであれば、どんな凄い情報であろうとそれを活かせません。

 

 

世間様には喜んでもらいますよ!   ですが、上昇学の皆様は、この情報が今、「どの部分」 であるかを止揚して、俯瞰して次の次の次の段階くらいは見てもらっていたいです。  

 

 

上昇学の皆様は、もう、「世間」ではないです。   

それには流石に気づいていますよね?  ☺️

 

 

Forbesに載った会社がどんな展開を見せるか?  

 

 

せめてそこだけは見ましょう。   

だから、21日です。   

 

 

21日は凄い事になります。   

おそらくは、リーダーミーティングでも誰も気づいていなかったの情報の次の情報が出されるかも知れません。  

 

(あ、まだ気づいている人は世界でも3人もいませんから、次の次の次の次の次の展開をほんのちょっと垣間見れるかもです) 

9日が450名超でしたから、9日よりも動員数が下がることって考えにくいです。  

ゴールデンシートを動員される人の為に、確保しておいてください。

 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aomfJqOEv

 

↑記入されてください。