共通点を見つけるポイント

美魔女投資家 平川祐姫子です。

ミセスコンテストに出場すると衝撃的な告白をして、はや数日。

 

時間がない中、二桁ほどの体重を落とさねば!という意気込みで始めたものが、思わぬ副産物を産んでいます。

それは「運動の習慣」と「お友達」

 

今までの人生で、積極的にウォーキングするなんて

考えられなかったことです。笑  でも始めてみて、みるみる体力がついていくのがわかるし、体の循環も良くなっている感覚があって、このまま習慣化してしまいたいですね。

90日あれば習慣化はできますから

90Days tryですね。

 

さて、友達といったのは、ウォーキングしている時のこと。道すがらに、いつもすれ違う人とは挨拶をしますし、立ち寄るカフェには同じような人がいる。

そこで「共通項」が存在する、ということ。

またカフェで 挨拶したり、小話をした時に、少しずつ 打ち解けていくじゃないですか。

そして自然に仲良くなり、顔見知りから友達になっていく。

 

そうなる要素って何だと思います?

「自己開示」なんですね。

 

自己開示とは、自分がこういう人であるということを

相手に見せていくこと。

私がどんな仕事をしていて、家族構成はどうで(どこまで言うかは相手とタイミング次第)、どんな思考を持っているのか。

これを相手に示すことで、理解されることにつながりますし、信頼が増すわけです。

 

だから、共通項を探す時に、必要になるのは「自己開示」

その媒体になるのは「コミュニケーション」なわけです。

 

上記はリアルの世界の話しですが、ネットの世界でも全く同じですよね。

 

ネットでファンを作っていく時に、自分のことをどこまで開示するのか、はとっても重要。

人によっては「顔出し」をするのかどうかを、とても悩む方もいます。

 

結論は、自己開示の点では「顔だし」をした方が圧倒的に自己開示していますし(笑)、結果、信用も得られます。(顔出しをしなくても 結果を出すことは可能、と言うことは付け加えておきます)

 

そして、自分のプロフィールなどをしっかり出していくことによって、

信頼を得ていく、と言うことが必要なんですよね。

だって。ネットで出会った人は、あなたのこと、知らないんですもの。

 

どこの誰だかわからない人の言うことは、やはり、、どうしても、、、説得力は薄いですよね。

 

なので、2日前のSHOWGOさんの投稿で、「MLMとは共通項を探す旅」とあったのですけど、共通項を探すためのツールとして、「自己開示」と「コミュニケーション」があると言うこと。

考えてみたら、至極、当たり前のことですけど、この2つがしっかりしていれば、人間関係構築は シンプルです。

 

と言うわけで・・・

久々に帝王学のレクチャー会をしようかなぁ、、と考えている祐姫子でした。

 

では!