B事項ですら、楽しむという究極の手法

良い合宿だったなぁ。

 

 

30人強が過ごしてい喧騒が嘘のように静まりかえったヴィラで、この配信を書いてます。 

 

 

また夢が一つできました。 

 

 

  

明らかにコンフォートゾーンをぶち壊した30人。

 

 

 

「絶対に忘れないよね☺️」

「環境だな。 環境でしかないよね。。 」

「やっぱり来て良かった」

「次はカナダか🇨🇦   オーストラリア🇦🇺も良いんじゃない?」  

 

 

 

福岡から始まり、那覇、そして沖縄北部へ

 

 

同じ釜の飯を食うというのは、一体、どういうことか。 

 

 

  

セミナーを100回やるよりも、皆で一泊の合宿。    

そんな効果がある合宿を二泊。 

 

 

 

「もう何泊かしたかったなぁ」 って声で合宿が締め括られる。

 

 

参加した誰もが、もしかして馴染めない環境だったにも拘らず、最終的にはもっとこの環境を維持したいと思える合宿。 

 

 

沖縄の人里離れた所に集まり、数十時間後には、また東京でのセミナーからのハレノイチでのアフターまでが、この一連のイベント。 

 

 

 

移動距離は収入に比例しますが、勿論、沖縄は最高です。  ですが、実は、これが千葉の一角でも良かったんですよ。

 

 

どこに行くかよりも、誰といるか。   

何をするかよりも、誰といるか。  

 

 

 

 

 

 

誰もが生活を抱えていて、悩みも抱えていて、なんとか現在の状況を打破したい人もいたと思います。  

 

 

 

その一人一人が、「絶対に忘れない」って確信しながら、上昇方向を確認できる合宿。  

 

 

イベント事って、その「気付き」の連続なんですね。  

 

 

 

思い返してみれば、   合宿や道中、メンバーさんと顔を合わせては、  

 

 

「Showgoさん ありがとうございます!」   

「いや、こっちが」 

「ありがとうございます!」     「こちらこそ、ありがとうございます」

「ありがとう」の応酬。   

 

 

 

 

感謝に始まり、感謝に終わる。       

感謝の応酬。   

 

 

 

 

 

 

 

 

上昇学って良いモノになってきました。  

 

 

自由創造人のSHOW GO! が まだ想像できない事が、概念として現れ、 それが形作られ、具現化されて行く場所、モノになっています。  

 

 

みんなの夢が詰まっている場所、概念。   

 

 

 

 

 

こんな宝物に触れ合っておきながら、宝物に気づかず、無くしてしまう人もいる中、やはり、感性が合う仲間が集います。 

 

 

 

また合宿したいので、します。  

 

 

 

合宿で催した、ワーク。 

 

 

夢リストからのビジネスの創造。

 

 

 

 

 

明らかに楽しかったでしょ?   ☺️

 

 

 

そうなんですよ。   楽しかったら良いんですよ。  

 

 

 

楽しさを味わうには、一体、何を段階的に踏まえていけば良いか?   

 

 

 

 

その段階自体が、楽しさの一部であることに気づくのに、時間はかからないはずです。 

 

 

 

企画して、楽しみ方を示し、その全てを受け継がせて、繋いでいき、誰よりも楽しむ。

 

 

 

  

 

 

 

次はどこに行こうか。   

 

 

 

 

冬だな。   

 

 

 

北海Doか。       ニセコか。      

 

 

どこでも良いんですけどね。    

 

 

 

 

あなた達と一緒にいられるなら。 

 

 

 

☺️