働くよりも、働く情報

自由創造人のSHOW GO! です。

 

今日はイベントの最終締め括り、集大成のJSAメンバー限定セミナーです。 

 

既にJSAメンバー限定かどうかは、上手い事、4番してる人もいると思うので、存じ上げませんが。  

 

まー、そういうとこですよ。 

 

我々に必要な能力は。  

無い物なら創れば良いし、不可能なものなら、可能になるまで環境を整えれば良い。

 

 

↑で今日の配信は終わっても良いのですが、一応続けます。

 

 

なんとしてでも来る。  

  

何かの理由で来れないのであれば、そこをどうにかする。 

 

 

黒を白に。 

白を黒にする。 

 

 

例えば、私はこの世にないワイン焼酎(サントリーにアイディア、パクられましたが)と言うものを創りましたが、日本に輸入できませんでした。 

 

  

カテゴリーが無いんだもの。   

 

 

輸入ラベルの製作すらできなかったので、どうしたもんだ?  ってずっと頭を悩ませていました。 

 

 

 

その時に前の会社のオーナーの言葉を思い出しました。   

(何回か書いてますけどね)   

 

 

前の会社のオーナーはまるで脳が3つあるかの如く行動する人で、2年間ほど温めてきた事業を、決行前々日に、方向性を元から変えるような人物でした。   

 

皆は右往左往していましたが、私は「どうせそうなる」と見越していたので、人知れず自分のチームはB事項を進めていました。

 

 

時には、販売する商品が存在しないのに(生産前)数字(売上)を落とした事もなかったです。  

 

「SHOW GO!を見てみろ。 問題があると、常に、それをまるで水のようにスッと切り抜ける。 もしくは元から問題がなかったみたいに卒なくこなす。  商品ないのに、どうやって売上維持するんだよ。。。?   こっちがその術を知りたいわw」

 

 

ま、そんなこんなで。 

 

 

 

輸入できない商品をメイン商品に持ってくるオーナーもオーナーですが。

そこはまた頭を使います。 

 

 

 

お客様で輸入関係に強い人がおられ、もちろん、私は繋がっていたのですが(今でも繋がっています。 人には言えない秘密の作業を一緒にした事もありますw)  その方と連携して、うちの商品を輸入できる形に「法律を創って」から、税関云々を異例の早さで、通しました。  

 

(お客様とビジネスを作る方法↑ 只今、伝授しました)

 

 

前のオーナーの支払いが滞った業者も存在したのですが、

そこも、

 

 

「Show go!   Do fantastic!とだけ言われ、

 

 

今でも覚えていますが、何にも言葉を発しない東京大学出身の3人組老害のような、偉いさんを前に、1000万以上の支払いが滞っている中、

 

「Do fantasticって言われましたw  皆様もそれを合言葉にしましょうw 」

 

 

ってお伝えしたら、3日間ほど、その会社のスローガンになり、支払いが滞っているのに、ビジネス条件をこちらが有利なように進め、(当時の会社はオーストラリア)帰社して、

オーナーに「自分の顔」を見せたところ、  

「 Oh you did fantastic  lol    we don’t need meeting ですね。 show goさん」    

 

(ニュアンスがわからなかったら、今日、説明します。 聞いてくれないと、伝わったとしますよ)

 

と言う感じで、仕事を進めてきました。 

 

 

 

お分かりでしょうか。 

やると決めたら、やる。  

 

 

白が黒でも白にするんですよ。    白にしか見えない環境にするんです。  

 

 

何がGRITだ?    

 

来ると言ったんなら、来るんです。  

 

 

 

アフターが重要。  

アフターだけでも来るんですよ。  

 

 

 

一つだけ言っといてあげる。  

会社が傾いているとする。 

あなた一人が働くよりも、あなたの会社に得になる情報、教えてあげるよ☺️