ただそれだけ

自由創造人のSHOW GO! が正午をお知らせします。 

今日は、流石にこれでしょう。

 

 

 

 

 

ビットコイン、過去最高値。  

 

 

いろいろ理由はあります。  

1. 機関投資家の関心

米銀最大手JPモルガン・チェースが11月20日にまとめたレポートによると、一部の機関投資家が、投資信託に似たグレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBTC:Greyscale Bitcoin Trust)を購入するなど、ビットコインへの投資を拡大しているという。

例えば、2330億ドル(約24兆円)の運用資産を持つ資産運用会社のグッゲンハイム(Guggenheim)は、規制当局への申請書類の中で同社のマルコ・オポチュニティーズ・ファンド(Marco Opportunities Fund)が純資産の最大10%をGBTCに配分する可能性があると述べている。

同様にJPモルガンのレポートによると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物の建玉(未決済の契約総数)は急増しており、機関投資家などの大口投資家がコモディティ市場を利用してビットコインに資金を投下しているサインと見られているという。

2. ヘッジファンドマネージャーの長期的な展望

著名なヘッジファンド・マネージャーたちはますます、ビットコインを「長期投資」と呼ぶようになった。

ポール・チューダー・ジョーンズ(Paul Tudor Jones)氏、スタンレー・ドラッケンミラー(Stanley Druckenmiller)氏をはじめとする伝説的ファンドマネージャーたちは、政府の緊急経済刺激法案の一環としてFRB(連邦準備制度理事会)がドルを増刷するなか、ビットコイン価格はさらに上昇する可能性があると述べている。

FRBは2020年現時点までに、すでに3兆ドル(約310兆円)を超えるドルを増刷した。これはFRBが107年の歴史の中で印刷したドル総額の4分の3以上に相当するという。

3. アナリストのポジティブ姿勢

ウォール街のアナリストたちは過去数日間、ビットコインに対して「ポジティブ」な発言をしている。

6310億ドル(約66兆円)の資産を運用するアライアンス・バーンスタイン(AllianceBernstein)は、新型コロナウイルス感染拡大後の経済環境は、投資家の資産配分(アセットアロケーション)におけるビットコインの役割を生み出す可能性があると顧客向けレポートで述べた。

インフレに対するリスクヘッジという点では「ビットコインを牽引するものは、ゴールドと同じ」と、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)のポートフォリオ戦略チームの共同責任者、イニゴ・フレーザー・ジェンキンス(Inigo Fraser Jenkins)氏は述べた。

4. ペイパル効果

ビットコインの市場動向を探る上で、ペイパルの動きは見逃せないだろう。ペイパルは、約3億4600万ユーザーに対して、ビットコインを購入できるサービスを開始した。同社は10月21日、顧客がビットコインを売買・保有できるようにすると発表し、「(ビットコインは)同社が世界中に抱える加盟店2600万店での購入の資金源」となるとコメントしている。

5. オーケーエックスはOK

ビットコイン市場では先週、大きなニュースが流れた。世界最大規模の暗号資産取引所、オーケーエックス(OKEx)から大量のビットコインが移動したのだ。

オーケーエックスが5週間に及ぶ出金停止を解除したことで、一部のトレーダーやアナリストは、ビットコイン相場への売り圧力につながる可能性を警戒した。ビットコイン・ブロックチェーンのデータは、2万4361ビットコイン(約5億ドル、約520億円相当)が、出金停止が解除された後の24時間でオーケーエックスから移動したことを明らかにした。

結果的に、ビットコイン価格への影響は限定的で、市場は強気モメンタムを維持。また、「くじら」と呼ばれる大口トレーダーの一部が、ビットコインを売却する可能性を示すデータが注目されたが、市場では買い気配が売りを凌ぐ結果となった。

 

 

原文↓

Institutional interest

Some institutional investors are taking on bitcoin (BTC, +11.45%) exposure, such as buying into the publicly traded Grayscale Bitcoin Trust (GBTC), according to a Nov. 20 report from analysts at JPMorgan Chase. (Note: Grayscale is a unit of Digital Currency Group, which owns CoinDesk.) Guggenheim, a money manager that oversees $233 billion for investors, said in regulatory filings its Macro Opportunities Fund might allocate up to 10% of net assets to GBTC, CoinDesk reported Nov. 28. As well, the outstanding number of bitcoin futures contracts is surging on the Chicago Mercantile Exchange, seen as another sign that big investors are using commodities markets to speculate on the cryptocurrency’s price, according to the JPMorgan report.

Hedge fund managers have a long view

Well-known hedge fund managers are increasingly calling bitcoin a long-term investment. Legendary managers, including Paul Tudor Jones II and Stanley Druckenmiller, have recently said the cryptocurrency’s price, as denominated in U.S. dollars, could rise as the Federal Reserve prints money to help finance the government’s coronavirus-related emergency stimulus bills. The central bank has thus far created more than $3 trillion of new money in 2020, or more than three quarters of the entire amount created during its prior 107-year history.

Analysts are positive

Wall Street analysts have made positive comments over the past few days. AllianceBernstein, a $631 billion money manager, published a report saying the post-pandemic economic environment could create a role for bitcoin in investors’ asset allocation, CoinDesk reported Monday. Inigo Fraser Jenkins, co-head of the portfolio strategy team at Bernstein Research, wrote that when it comes to a role in hedging against inflation, “the driver of bitcoin is similar to that as for gold.”

The PayPal effect

PayPal (PYPL) is allowing customers – some 346 million active accounts – to buy bitcoin. The person-to-person payments network announced Oct. 21 it would let customers buy, sell and hold bitcoin. According to the company, the cryptocurrency will become a “funding source for purchases at its 26 million merchants worldwide.”

Ok on OKEx

The bitcoin market last week overcame a major source of concern – bitcoin outflows from one of the world’s biggest cryptocurrency exchanges, OKEx. Some traders and analysts had speculated the end of a five-week suspension of withdrawals might translate into liquidations that could put selling pressure on the bitcoin market. Data extracted from the cryptocurrency’s underlying blockchain network showed some 24,631 bitcoin, worth $500 million at current prices, flowed out of the exchange in the 24 hours after the suspension was lifted last week.

But bitcoin’s price action shows the market shrugged off the news, along with other negative developments, such as rumors the U.S. Treasury Department might be considering onerous cryptocurrency regulations. Traders also appeared to ignore data showing some large bitcoin traders – known as “whales” – might be preparing to dump their holdings in response to the cryptocurrency’s price rise.

 

 

 

 

とかなんとか言ってますが。  

もっと、単純な理由があります。

 

 

発行枚数が決まっているから。   

それだけです。 

最も確信的な理由の一つに、ゴールドになぞられて20,999,999.9796BTCとされているからです。 

 

 

 

上昇学は、約6年前から、BTCが5万円の頃から着目しまくって、その当時は「仮想通貨」を持たなければ、非国民だ! とまで言っていました☺️

 

 

https://blog.jyosho.xyz/2017/11/14/4547/

 

 

  参考にされた方が良いです。  2017年の11月に書いてます。  まだ、みなさんが、ビットコイン? 怪しいって言ってた時代です。

 

 

うーーんと。   めっちゃ簡単に言います。  

 

 

 

上昇学を学べば良いのに。   

☺️

 

ただ〜それだけ〜🎶

Related Articles