お金を増やすなら

美魔女投資家 平川祐姫子です。

 

お金を増やすなら、日本、世界がどのように変わってくかを、ある程度、想像しておくことが必要です。

 

世界から、経済の兆候が生まれ、日本に伝播し、そこから国内経済、家庭の経済、家計にまで影響が出ますからね。

 

多くの人が、ご自身の家計しか見ていないでしょう。そりゃそうですけどね。笑

 

新しい時代にもなりますし、コロナでもわかるように、今は 世界的な疫病やトレンドも生まれ、大きなトレンドは、世界のどこにいても受けてしまうわけですから、一般的なことは知っておく必要があります。

 

これからの時代、どうなっていくのか。

 

・人口減少の時代。毎年50万人減っていく。

・人生100年時代。100歳まで生きる可能性がある。

・AIが普及し情報処理に大きな変化が起きる時代。今までの仕事がなくなっていく。

・5Gスマホ。7G。情報流通コストがゼロの時代。瞬時になんでも見れる。

・生活に必要な物は溢れ、新たな物が必要ない時代。なんでもシェアされる。

・30年日本は経済成長せず低迷し、世界との格差が広がる時代。

 一人GDPで日本はどんどんと下位になる。

 

 

これは一般的に予想されることで、もっとIot(Internet of Things) や、AI化、仕事のオンライン化なども進んでいきます。

 

過去、日本はモノづくり大国で、日本の製造業が作った商品が世界貿易を凌駕していました。

同時に日本の金融も破竹の勢いで、世界経済における日本企業の位置付けも、世界随一と言われていましたよね。(遠い目滝汗

 

 

いまも、日本のモノづくり無敵神話が残っている部分もありますが、もうそんな時代ではないですよね。( 随分と古いこと、書いてごめんね!)

 

こちらは、世界の企業の時価総額ランキング

平成元年のランキングと、平成31年のランキングです。

 

30年の差ですが、どんな企業があるか、

30年前と、30年後には、どんな違いが生まれているか、

とくとご覧くださいえーんえーん

 

 

 

 

この30年で日本は一気に没落してしまいました。

 

はっきり言えば、日本は世界でも 下位から数えた方が早いというところまで来ている。

20年後は、ナイジェリアやエジプトなどと、GDPが並んでしまう、

という推測もでているくらいですよ。。。(SHOWGOさんは3年前にこの事に警鐘を鳴らしていましたね。過去記事読んでいますか?)

 

しっかり現実を見据えるべきです。

 

 

日本の救世主になるのは、

ユニコーン企業と言われる、

時価総額1000億円企業を輩出できるか、

というところにかかっています。

 

これには、若い頭脳と発想力、ベンチャー企業を国挙げて育てていうことが肝になります。そこが実現できるのか、ですね。

 

 

現在の国内のユニコーン企業は、このような企業群です。

 

 

そのためにも、

日本の将来を担う若者をクリエイティブに育成する教育が必要。

 

それと、

 

国民のマネーリテラシー(お金の教育

が必須です。

 

 

 

私たち、個人にできることは、

 

一人一人のお金の知識を上げて、家計を豊かにし、

子供に十二分な教育を与えることでしょう。

 

教育は、やれいい大学に入った、は全く必要ではなく、

むしろ・・・

 

これからの世の中を生きていくための、

技術の取得とコミュニケーション、

新しい価値観の創造ができる人材の輩出でしかありません。

 

 

だから、あなた個人の経済状況を良くしていくことは、個人的にみても、国、世界的に見ても必須!!!なんですよ!

 

急ぎましょう!

 

小難しい話になりましたけど、現実はそうです。

 

 

年は、もっと多くの人に、

お金をしっかり創る方法や、

 

自由な人生を送る方法を

どんどんシェアしていきますドキドキドキドキ

 

来年は、資産形成の最大の転機になると思っておいてください。

そのくらい、タイミングが大事です!

 

 

さぁ、今日の話題、どうでしたか?

 

次はもっと怖い話、しますよ♡ 笑

 

また見てね♡ニコニコOK音譜音譜

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Articles