貯金は是か非か

美魔女投資家 平川祐姫子です。

さて、今日の本題。

「貯金は是か非か」。

 

日本人は節約と貯金が大好きな人種です。

「常識人」と言われるような、「学校や組織人」として適した考え方の方が多いです。

「万一のために、お金はきちんと貯金するもの」という親や組織の教えにとても忠実なんですよね。

私も以前はそっち系でした。笑

 

でも気づいたんです。

ある程度のお金を貯めても、もっているだけで殖えるわけもない。

それどころか、

お金の価値が下がっていくことによって、お金自体の価値が下がるというリスクがある。

 

貯めること自体が目的」になっているけれど、その貯めたお金を元に、豊かな人生を送ることに目が向いているかと言えば、そうではない。

節約したって、生活に必要なお金は必要ですし、カツカツ、ギスギスした生活になって毎日を楽しめなかったら、意味がないと思いませんか?

 

だって・・・

節約に節約を重ねて、苦しい苦しい毎日を送るのですから。。。夢を見ながら死んでいくのですか???

 

もしものときの保険、または安心料という役割はあります。

「もしも」とはどんなときのことか、そのときにいくら必要か、まったく計算していない人がほとんどです。(ここはちゃんとシミュレーションしましょう)

 

たとえば1000万円貯めたとして、1,000万円じゃ到底足りないかもしれないし、多すぎるかもしれない。そこシミュレーションしていますか??

 

お金は、幸せのなるための道具ですよ。

 

ただ貯めるだけではなくて、今よりもハッピーな人生を送るために自己投資するとか、上手に使ったほうが、より満足度の高い生き方になります。

 

──貯金はするけど投資はしない──

 

投資はしないという人は「失敗してはいけない」という固定観念が強い。つまり挑戦をしない。

 

お金に関してもそうで、1円でも損するのがいやなんですね。1回でも負けたくない。これもまたおかしな話です。それで、1回でも負けるとあきらめてしまう。

 

にもかかわらず・・・

 

買った途端に価値が数割下がる新築マンションを5,000万円で買って、500万円損しているのにまったく気にしない。というかわかってない。

 

こういう人に限って、儲け話にウラも取らずに一口のって、失敗したりします。失敗したら、誰かのせいにする。「自己責任」という概念が欠けているんですね。

 

誰かが何とかしてくれるという発想がある。でも、結局は誰も何もしてくれないから、国に文句を言ったり、会社のせいにしたりする。依存体質です。

 

他人の言うことをむやみに信用し過ぎることがあります。銀行に対して全幅の信頼を持ち、窓口で手数料が高い投資信託を買ったり、企業の広告宣伝を鵜呑みにして効果が怪しい健康食品を買ったりする。人の話や常識を、「本当か?」「なぜそうなのか」と疑い、本質を問うような思考をしないのです。

 

そこ、ちゃんと理解して、改めるといいですよ。

 

貯金は、「精神安定剤」。貯めるしとしても、適正金額にする。

投資は、自己責任。しっかり練習。練習の先に宝がある。

貯金だけでは、将来の余裕は生まれない。

 

しっかり噛み締めてくださいね✨

では!

 

 

Related Articles