王様

自由創造人のSHOW GO! です。

今、上昇学の皆々様は、「必死」になって、「至極」、「当然」です。 

 

 

10月に柱の大きな部分の建設が途中になり、その建設の全権をご自分ではなく、「柱の構築会社」に全て委ねることになっているんですから。 

 

 

これは、強いて言うなら、ものすごく楽になったと考えるべきです。 

 

 

構築会社に委ねることができるのであれば、それはそれで、自分にできることは何もないのですから、他の柱の構築に「必死の決意」で向かうべきです。 

 

 

(JSAメンバーさんは、見ることができましたが)

昨日も書いた様に、「暗号資産」を理解するだけで、今の状況は切り抜けられます。

 

 

強いていうと(多用してますが)、事案の内容をあなたが知ることなく、「風の流れ」を読むだけで、この状況は切り抜けることができます。 

 

 

それとは全く反対の、一番やってはいけないことを、書いておきます。 

 

 

「一度、下した決断を、撤回しようとすること」   

 

 

事業投資、運用をするというのは、「決断」の向こう側に存在するのですが、その投資、運用は決断したならば、生活が脅かされようが、家庭環境が悪くなろうが、「決断」の後なのですから、撤回、後悔は、1番の愚行にさえ、なってしまいます。 

 

 

後悔した時点で、その事業だけでなく、あなたの活動全体のレベルを下げることになりかねません。

 

 

後悔した時点で、

「私のやっていること、合ってるのかな……」

と疑問符が頭をもたげてきます。

 

それこそがJカーブの正体。

 

 

 

そのJカーブに篩い落とされる人が、ビジネス自体を諦めてしまう人であり、ビジネスの世界はそういう人が大好物です。

 

 

なんのこっちゃない、諦めることが出来る人の誕生です。

 

 

オソロシイことに、これは、能力の有無は関係ありません。 

 

 

 

人間にはバイオリズムがありますから、毎時間、毎日、毎週、毎月、決まったバイオリズムでアブナイ時は訪れます。  

 

 

このバイオリズムと世界の空気を合わせることができる人が、風を詠める人なのですが、ここからは少し難しくなっちゃうので、また、気が向いた時に書きます。 

 

(ちなみにバイオリズムは我々の推奨する帝王学でも、測れることができます)

 

 

情勢、情報は1秒後に1度、変わると思っても良いです。   

 

 

3分後には、黒が白になり、白が青になっているかも知れませんし、青が黒を取り込むかも知れません。 

 

 

ご自分のバイオリズムがどの様な状態であるか分かるのに、小さな成功体験が必要にもなってきます。 

 

 

それこそが、情報なのですが。 

 

 

 

だからオンラインにならないなんて、目隠ししながら、茨の道を、全力疾走する様なもんです。 

 

 

五里霧中、四面楚歌状態を自ら作っている様なもんです。 

 

 

1番の愚行の前の、愚行の王様の所業です。   

 

 

ご理解を。    

 

あなたが成功しようが、しまいが、世の中の成功者にはどうでもいいこと。 

 

 

なら、成功したろやないか。   

Related Articles