己ーず(おのれーず)

上昇楽団、月曜日担当の福島健二です。

20211月の上昇学コンペで優勝した時の写真です😊

 

「お前誰だよ」と思った場合は、自己紹介をした記事がありますので、そちらをご覧いただければと思います。

⬇️

https://blog.jyosho.xyz/2021/01/25/13984/

 

自己表現というか、自分がどんな人間なのかと知ってもらう事は、すごく大事だと考えていて。

 

なぜかというと、顔のない人に親しみが持てるかという部分になってくるんですが、ほとんどの人は顔がない人に、親しみが持てないと思うんです。

 

顔がないと、親しみよりも恐怖感の方が先に行くんじゃないかと。

 

なので、今回も自分自身の話になってしまいますが、、、

 

今回の話はすごく自己中なお話しになるので、「自己中、嫌い!」という場合は、この先を読まないようにしてください。
(『嫌われる勇気』という本がありますが、自分は人一倍、嫌われるのに敏感でして。不必要に嫌われると傷つきます。。。)

 

ただ自分が主夫のような生活をしていても、余裕のある毎日が送れている要因に触れますので、同じような日々を過ごしたいと思っている場合は、ヒントになるかもしれません。

という事で、お話しを続けます。

 

自分自身の性格を知ることは、理想のライフスタイルを歩むための第一歩だと自分は考えています。
(現在地がわからないと、目的地までの道のりって出ないですよね?なので、大事って考えています)

 

じゃあ、どんな性格なのかというと、、、

 

すごく簡単にいうと、「超自己中」です。

 

「自己中」というと、ネガティブに捉える人が多いですが、、、

 

全ての物事を自分に事を発して考える性格で、「自分の悩みを解決するにはどうしたらいいか?」というところから、物事が進みます。

 

『己ーず(おのれーず)』と親しみを込めて呼ばれていますが、何かを始める時の自分への問いかけは「自分の悩みを解決する方法か?」ということです。

 

例えば、今、手元にお金がないとします。
(これは貧乏ではないと考えています。今、手元にお金がないだけで、この先ずっとお金がないわけではないので。)

 

手元にお金を呼び込むためには、大きく分けると2つの選択肢があると思うんです。

 

何かと言うと、

①誰かに借りる

②自分で稼ぐ

2つです。

 

で、世の中を見渡してみると、ほとんどの人が①を選択することが多いんじゃないかなと思うんです。

 

なんでかというと、考えなくていいから。(この思考が本当の貧乏じゃないかなと)

 

自分で稼ぐとなると、自分自身を鑑みて、どんな能力があって、何を誰に提供すれば、取引が成立するかを考えないといけないので。

 

ただ自分が思うのは、長い目で見ると、やっぱり「自分で稼ぐ」という道を選択した方がいいということです。

 

もちろん、苦しいことや辛いことはあります。

 

それでも「自分で稼ぐ」を経験しているのとしていないのとでは、それはもう大きな差になるんじゃないかなと。

 

「自分で稼げる」という自信をつけるには、「自分で稼ぐ」を経験するしか道がないわけで。

 

『己ーず』の自分は、自分中心で物事を考えるので、もしかしたら、人よりも「自分で稼ぐ」というのが得意なんじゃないかと素敵な勘違いをしています。

 

なので、手元にお金がない時にまず考えることは、「自分自身の中に今、お金とトレードできるものがあるか」です。

 

自分の外側に答えを求めることも以前はありましたけど、自分の外側に答えを求める限り、自分を確立することって難しいし、歳を取れば取るほどしんどくなっていくんじゃないかと。

 

自分中心で物事を考えるからこそ、自分の外側ではなく、自分の中に答えを求めた結果が、余裕を育てることにつながっていっているのではないかと考えています。