成長痛

 

上昇楽団 家計の治療院 院長の山川翔一です。

 

 

 

あなたは、今回のドバイ・ヴィジュライゼーション旅行に行きますか?

 

 

 

行く人は、一緒に楽しみながら、苦しみましょう🙂

 

 

 

ヴィジュライゼーション旅行は、未知の経験をするという楽しみだけではありません。

 

 

 

とんでもないお金持ちたちと行動を共にするわけですから、当然のことながらコンフォートゾーンをズタボロにされます。

 

 

 

それが痛みを伴う成長であることは、容易に想像できるでしょう。

 

 

 

今まで自分が常識だと思ってきたもの、大事だと思ってきたものを尽く否定されるんです。

 

 

 

自分が「今まで受けてきた教育、経験してきたことの結果、これが正しいものなんだ」と思っていたことを、「だからお前は貧乏なんだ」と一蹴されに行くんです。

 

 

 

いやー、痛い。

 

 

 

正直、「行きたくない」という感情が強いです。

 

 

 

それでも、行くと決めました。

 

 

 

常識を壊されないまま、貧乏脳を壊されないままだと、自分が成長できないとわかっているから。

 

 

 

楽しんで、苦しんできます。

 

 

 

一方で、今回のヴィジュライゼーション旅行の参加を見送った方々もいるでしょう。

 

 

 

行きたいけど、「行かない」と決断した方もいるでしょうし、そもそも自分とは関係ないイベントだと、考えもしなかった方もいるかもしれません。

 

 

 

後者の方は、まずは自分ごととして考えるようになっていただくとして。

 

 

 

前者の方は、行くための計画を一度は立てたと思うんです。

 

 

 

今の経済状況から、現実的に行くことは可能なのか?

 

 

 

スケジュールから、仕事を休む(遠縁の親戚が亡くなったことにする、もしくは発熱でコロナの可能性があることにする)ことは可能なのか?

 

 

 

色々考えたと思います。

 

 

 

考えた結果、無理だと判断し、「行かない」という決断をするに至ったのでしょう。

 

 

 

気持ちはわかるんです。

 

 

 

去年の私がそうでした。

 

 

 

去年の同じ時期に、同じチャンスを逃した経験があるから。

 

 

 

収支を考えた結果、無理だと判断し、「行かない」という決断をしたことがあるから。

 

 

 

だから、「もし、次に同じ機会があったら、何がなんでも参加する」と決めていました。

 

 

 

次のチャンスが来るまでに、B事項をこなしておこうと決意しました。

 

その次のチャンスが、今回です。

 

 

 

去年から、次のドバイ旅行に参加するために、B事項を進めてきたつもりでした。

 

 

 

ですが、みなさんご存知の通りアレがアレしているので、前回と同じく、収支的にはドバイに行くことは難しい状況。

 

 

 

そんな状況で、次は逃さないと決めていたチャンスがきた。

 

 

 

1年間、後悔したんです。

 

 

 

予想外のことがありながらも準備をし、考え続けてきました。

 

 

 

次はどうやったら参加できるのか、1年間考え続けたんです。

 

 

 

だから、今回のヴィジュライゼーション旅行に参加できるんだと思います。

 

 

 

今回のヴィジュライゼーション旅行に「行きたいけど、行かない」と決断された方々。

 

 

 

次のチャンスは逃さないようにしましょう。

 

 

 

もし、次に同じチャンスがきたら、何がなんでも参加できるようにしましょう。

 

 

 

お金の面以外でも、やれるB事項はたくさんあります。

 

 

 

もし、来年も同じチャンスが来るのであれば、1年間、

 

 

 

1年後に来ないのであれば、チャンスが来るまで、

 

 

 

後悔し続けて、考え続けて、行動し続けましょう。

 

 

 

次は一緒に参加ですよ☀️