教えることができると、、、

上昇楽団、月曜日担当の福島健二です。

 

 

いよいよ、24日(水)は大阪でイベントが開催です。

 

 

自分はスピーカーとして帯同させて頂きますが、多くの人の前で話すようになって、感じていることがあります。

 

 

それは、何かというと、、、

 

 

「教えるというのは販売につながる」ということです。

 

 

どういうことかというと、先生と生徒の関係をイメージして欲しいんです。

 

 

先生は生徒よりも、知識が豊富だから、教えることができるというのは、分かると思います。

 

 

教える人と教えられる人の間には、何があるかというと、「差」があります。

 

 

どんな「差」なのかというと、経験の差だったり、情報の差だったり、知識の差だったり。

 

 

いろんな「差」があります。

 

 

東京のイベントでは4日間、参加者の方々とお話しさせて頂いて、いろんな悩みを聞いて、自分なりに回答ができたのは、質問をしてきた方と、自分の間で「差」があったからです。

 

 

質問をした人が経験したことがないことを、自分が経験していて、その経験から得られた情報をお伝えすることが「教育」になっていきます。

 

 

で、「教育」ができると「販売」もできるようになっていきます。

 

 

どうしてかというと、相手と自分の間に「差」が存在して、その「差」を埋めることが、相手にとって価値があることだったら、、、

 

 

その「差」を埋める「情報」は相手にとっては価値があるものになりますよね?

 

 

自分は「差」を埋めるための情報を提供する。

 

 

相手は「差」を埋める情報を手にする代わりに、対価として報酬を渡す。

 

 

そうすると販売が成立することになります。

 

 

なので、教える立場になることができると、自然と販売につなげることもできてしまうということです。

 

 

じゃあ、どうすれば教える立場になることができるのかというと、、、

 

 

多くの人が知らない情報を手に入れることです。

 

 

価値のある情報を手に入れて、その情報を使って、相手が埋めたくなるような「差」を見せることができれば、相手は「情報」が欲しくなっていきます。

 

 

で、多くの人が知らない情報を得られるのが、上昇学で開催しているイベントです。

 

 

324日(水)13:00からは大阪で開催されますので、参加して「多くの人が知らない情報」をまずは手にしてください。

 

 

 

【大阪3/24(水) 上昇学セミナー開催のお知らせ】

 

 

⬇️お申し込みはこちら⬇️

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=bvHSehEv

 

 

 

Related Articles