機微

自由創造人のSHOW GO! です。 

 

今日は、実にどうでも良いことを書こうと思います。 どうでも良いことを10分で書くので、本当にどうでも良いかもしれませんが、お付き合いください。

 

 

 

帝王学におけるα2という分類の人間なのですが、どうにも「プロフェッショナル」に拘ります。 

 

 

どうでも良いんですけど、

アクセルを一定にしないタクシードライバー、絶対住所を聞くタイミングの筈なのに、カーナビの使い方からわかってない&聞き返してくるドライバー、

スーパーマーケットで、袋の大きさをなぜか客に聞いてくるパートのおばちゃん、 まぁ、これはこちらがエコバッグなりを持ってれば良いんですけどね。   

でも、おばちゃん、客よりも絶対に、どの大きさの袋がどのくらいの荷物に適しているかわかってるよね?

 

 

 

時短営業だからって、お客様がいるのに、床磨きをシャッシャッって始めちゃう厨房の兄ちゃん、「まだお客様、何組もいるんだから、片付けは後での方が店としても良いんじゃない?」って指摘すると、聞こえるように「時短なんだから常識だろ」って言えちゃう店員。  

 

 

 

どうでも良いですが、

嫌いです。 

 

 

 

何が嫌いって、それで1円以上でも貰ってるなら、プロですよね。  

 

 

 

お客様が不快に思ってるのに、それを、というか、単純な仕事なのに、それすら極めるどころか、考えてもいないから、全うすることができない人たち。 

 

 

 

微差力、機微がわからん人間は、成功しようがないんだけどな。。。。。

 

 

 

 

何に繋がって嫌いかというと、  

ビジネスをしようとしてるのに、セミナーに来ない人たちでしょうかw     

 

 

 

 

良く分からんのです。

 

 

本気でビジネスするって言ってるのに、プロフェッショナルの風上にも、風下にも置けない人たち。  

 

 

 

 

 

あんた、一体、何者なんだよ☺️

 

 

 

 

 

 

 

上昇学。

上昇学、って他の系列のグループの方からも愛されてます。  

 

 

ドバイに行った時も、大金持ちの連中が大きな家を見て、「上昇学の合宿所に良いんじゃない?」とか。  

 

 

 

彼らも彼らで、組織があるんですよ? 

 

 

なのに、「組織」というものを体現しているのが上昇学だから、「上昇学のモノにすれば良いんじゃない?」ってサラッと言えちゃうんですよ。

 

 

 

上昇学。

稀有な連中だわ。

 

 

 

 

今日も、本気&発展組に会える。 

 

 

 

嬉しいなぁ。

Related Articles