現実が夢を越える瞬間を創るには?

上昇楽団、月曜日担当の福島健二です。

 

週末は新潟に赴き、イベントに参加しています。

 

イベントに参加して感じることは「集まれる場所がある」っていいなということ。

 

 

コロナの影響で、人と会うことが制限され、人が移動することも制限されていますが、人と人のつながりというのは、本当にいいものだなと、イベントに参加するたびに思います。

 

しかも、夢を堂々と言える場所であったり、同じ方向を見て進める仲間たちが集う場所となると、本当に貴重だなと。

 

 

いろんなイベントがありますが、自分のことだけを考えている人たちが集まる場所では、集まったとしても、奪い合いが始まり、お互い腹の探り合い。

本音を隠しながら、自分の利益になるように人を誘導しようと画策し、参加しただけで、エネルギーを削がれるというか、イベントが闘いの場所になっていることが多いです。

 

 

そんなイベントと上昇学のイベントで大きく違っているのは、仲間意識ではないかと自分は考えています。

 

同じ目標を持ち、同じマインドを共有する仲間たち。

 

自分の利益だけでなく、チームとして何を成し遂げるのかを考え行動できる人たちが引っ張って、まだ経験が浅い人たちを引っ張り上げようとする。

 

こんな雰囲気が育ってきていると感じています。

 

1人で成し遂げられることには限界があります。

 

1人の力では成し遂げることができない、大きな目標を達成するには、自分以外の人の力を活用することが必要になってきます。

 

 

もし、私たち自身一人一人が上昇学を通して、仲間を見つけ、多くの人の力を結集させることができたら。。。

 

想像以上のことを成し遂げることができると思うんです。

 

 

奪い合いからは、決して生まれることのない力。

 

SHOWGOさんが「現実が夢を超える瞬間がある」とおっしゃいますが、その瞬間を生み出すのに必要なのは、同じ目標を持ち、同じマインドを共有する仲間ではないでしょうか。

 

 

上昇学のイベントでは前向きな力が生まれ、もっと話していたい、この人たちと一緒の時間をもっと過ごしていたいという気持ちが自然と生まれてきます。

 

こういった雰囲気が上昇学のメンバーに浸透しているのは、SHOWGOさんと祐姫子さんの教えの賜物です。

 

その宝をどう活用するのか?

 

 

私たち一人一人が自分自身で「上昇学とは?」を考え、言葉にすることができるようになれば、いつしかあなたの周りには、あなたの考え方に共鳴した仲間が集まり、あなたの人生を大きく展開していくことにつながっていくと考えています。

 

 

今はコロナで人が集まることが制限されています。

 

だからこそ、同じ目標を持ち、同じマインドを共有できる仲間が集まれる場所を創っていく必要があるのではないかと自分は考えています。

Related Articles