かいり

「かいり」と聞いてどのような字を想像しましたか?

解離?

海利?

乖離?

など、人それぞれ違う意味合いの言葉が出てきてしまう訳です。

重要話を勝手な思い込みで変換してしまったら、それはそれで大きな誤解や謎も生じます。

私が客船で仕事していた頃の話ですが、速度を表す単位の「海里」は21,600分の1です。

速度を表す単位で「ノット」は聞いたことがあると思います。

英語では「マイル」に訳されます。

ここで知ってるか?知らないか?によって、あることが起こります。

「マイル」は「陸」と「海」では違う事を知っていましたか?

知らないままにしていれば、の内容も理解もの本筋から遠ざかってゆきます。

ある程度して気がつく場合もありますが、緊急性の高い「情報」などは自ずからチャンスを逃してしまいます。

もったいない!

解らない場合は直ぐに調べる。

ツールが充実している現代なら、秒速💦で調べることが出来ます。

あなたの身近に「教えてください」「え~わかんな~い」なんて人いませんか?

おそろしい「D層」です。

もちろんあなたは違うので、このブログを読まれていると思います。

思い込みをなくし、調べる習慣さえ身につければ「理解力」も高まります。