それが楽しい

JSA担当コンシェルジュの小川典之です。

私は出かけた時に、間違えることがあります。

皆さんは1回あるかないか程度かもしれません。

たまにシャツの前後を間違え、苦しいのに気づかない事も…。💦

そうではなくて、電車に乗る時になぜか反対方向の電車に乗ってしまったりします。

気づくのも遅いし…どんどん遠ざかるし、あ~恥ずかしい。

しかも、方向音痴がもれなく付いてきます。

知人からも、よくこれで旅行業界にいられたものだと言われちゃうし。

はい、私も同感です。😅

在職中は大事に至ったり、クレームが来ることもなかったので自覚がなかったのしょうか?

本当に周りの皆さまや、何かの力に助けられてたのかもしれません。感謝ですね。

もしかして、それは「笑顔」を絶やさなかったから?

結局はどうにかなるわけですが、どうにかなった後の対応次第では明暗が分かれます。

間違いに気づいたら、慌てずにただ修正すれば良い。それも素早く!

そういう私は子供の頃に、色々なものを隠してました。

テストの用紙や、3者面談の手紙など。もちろん必ずバレて叱られてました。

そんな子供でしたが、何かキッカケがあって「行動」も変わるのですね。

どうせならやる事やって叱られたほうが、スッキリするし自分も成長できるんじゃないかな。そう思うようになってからは、常に「笑顔」でいられるようになりました。

今ではどんな状況においても「最高の笑顔」で乗り切ってます。

「笑顔」は周りの人にも伝わり「笑顔」が増えてきます。その「笑顔」をみて私ももっと「笑顔」になってゆくのです。素晴らしい連鎖です。

これが本当の私で「笑顔の伝道師」の原点なのです。

どうして「笑顔」でいられるかを書くと、途轍もなく長~い文章になってしまうので、お逢いした時にでもお話し出来たらと思います。

導入文

目的や目標に向かって行動してる時、あなたは輝いていると思います。

でも、どんな「表情」をしていますか?